日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/26
2008 Tue
先入観の影響力。
彰紋に正直ときめきました、柊です。
面白いなぁ、遙か!笑。
最近古典の苦手意識が薄れてきたのは
絶対これのせいだ…!と思ってます(笑)


でもやっぱり固定観念って怖いなぁ、と思います。
元々古典作品には苦手意識が強く
今思うとどうしてあんなに安定しなかった
国語の成績で日本文学科を志望したか
ものすごく不思議な気がするんですけども(笑)

やっぱり現代語訳って大きいですよね。
人物がどうした、とかどんな人かとか
掴むのには現代語訳って
やっぱり大きいような気がします。
あと人物についての基礎知識とか。
もちろん全くない状態で読んで
自分なりに内容が掴める様になるのが
一番重要だとは思うのですが…
やっぱりまだまだ基礎が足りないんだな、と痛感。


そういえば最近気付いたのですが
私、ずっと銀河鉄道の夜の登場人物は
頭の中で人のように喋るけど
にゃんこのイメージがあったのですが…
あれ、やっぱり人間なんですか!?(笑)

なんか中学の時、先生が
アニメのビデオで銀河鉄道の夜を見せてくれて
それが紫と黒…だったかな?;;
とりあえず猫さんで、
あれが私にとって『銀河鉄道の夜』だったから
どうしても頭の中でイメージをする時は
登場人物が猫さんになってしまいます。
…うぅん、これもやっぱりよくないなぁ!;



でも『注文の多い料理店』は
ちゃんとイメージできますよ!
初めて読んだのは英文だったけど!(大笑)
(宮沢賢治の有名作品との出会いは
ほぼ原作ではないらしい、笑)
おいしそうな料理が出そう!なんて思ってない!
どこかのガム少年のように
キラキラしながら読んでないんだから…!!

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。