日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/26
2007 Wed
思い出話がふと浮かび。
昨日までクリスマスだったんですが…
ふとある事を思い出して父と話してたんですよ。

あのね、サンタさん(笑)
サンタさんっていつごろまで信じてたっけ?
って思ったのです。
私、相当大きくなっても信じてて!笑。

小学校中学年くらいまでかなぁ…
夜もしっかり寝る子だったので、
いや、もうサンタさんが不思議で不思議で(笑)
でもその年になるとクラスの子が
「サンタはいない」と言い出す子がいる…。


なので小さい頃の柊さんは考えた。

きっとサンタさんは心の中でいっぱいいっぱいお願いすれば
絶対に私の欲しいものを持ってきてくれる…!と。
(えぇ、本人いたって大真面目ですよ/笑)


毎年、お父さんやお母さんに
「今年はサンタさんにあれをお願いしたんだー」
なんて言うからいけないんだ、
サンタさんと私だけの秘密にしておこう…!
頑張って誰にも言わないぞ!と
口を固く固ーくしてました。


さぁ、そこで困る人が出てくるわけだ!(笑)

そんな娘の大きな決心に
お父さんが聞いてきた。
「今年、サンタさんにお願いしたか?」
「うんっ、してるよー!(超自信満々)」
そりゃね…学校も毎日行ってますし
その当時は習い事にも行ってましたし
悪い事はちょっとはしたけど
周りの大人にはイイコだねーと言ってもらえるなら
サンタさんだってお願いしてれば
プレゼント用意してくれてるよ!
と、ウキウキ状態。

しかし、そんな娘に父は真剣な顔をして言った。


「お前…! サンタさんにお願いする子なんて
いっぱいいるだろう!?
ちゃんとサンタさんにプレゼントのお願いをして
サンタさんに聞こえないと、サンタさん来てくれないぞ!!」


Σ !!!!(そういうものか!!)」
「ちゃんとお願いしたのか!?」
「し、してないっ! どうしようどうしよう…!!;」
「じゃあほらっ、今窓開けてやるから
サンタさんにお願いしろ!」

「う、うん…っ!」(ちょっとマテや)

「サンタさんサンタさん!!
プレゼントはキティちゃんの
ミシンセットが欲しいです!!!」

(当時の時間は夜で、そろそろ寝る時間だったはずだから夜8時ごろ。
それにも関わらず必死に大声でお願いする私。)
(そしてその様子を心配そうに見守る…父/あーぁ…)




綺麗にはめられたのを今でも覚えてます。



いやー父親ってすごいっスよねー…
あまりに真剣な顔をして
ちょっと窓開けてやるから…!とか言われたら
誰だって信じるってモンでしょう!?笑。

…え? その年?
ちゃんと来ましたよ、ミシンセット。
キティちゃんの赤い可愛い奴だったけど…
まともに使えやしませんでしたけども(笑)


あのミシンセットはなかなか見つからなかった…と
誰かがぼやいてましたけど
でもあの年のクリスマスの朝になんとなく
「あぁ、サンタっていないのかなぁ…」
と思わされたのでありました。

あれー今年は私の元にサンタさん来なかったなー…
(もう来ません)

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。