日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/17
2007 Thu
一瞬の反応の遅れ。
本日、事務所のほうにレポート提出に行ってまいりました!
うちの学校、レポートを提出するのには
実は普段授業を受ける所とは違って
道路を挟んだ、違う建物に向かわねばならないのです。

この建物は先生方の職員室みたいなもので(笑)
9階立てだったか、とにかくエレベーター必須。
1階の玄関から進入すると
私が行かなくちゃ行けないのは5階だったので
エレベーターのボタンをぽちっ!

そしてドアが開くと、
中には他学科の女の先生がいたのですが
(地下もございますのよ…!;;)
そこの所はあいさつをして一緒に同乗。

先生が操作ボタン(フロアの階と開く、閉まるの奴)の前に
いらっしゃったので、一言断ってから
横から5階のボタンを押す。
そんなやり取りをしていたら
男の先生がひょっこりやって来た。

「これ、上?」と聞かれる男の先生に
女の先生が「そうですよ」と答えると
男の先生はエレベーターに乗ろうとしてきた

その瞬間!


うぃーん…と非情にも閉まろうとするエレベーター(笑)

その瞬間慌てて、女の先生が
開くのボタンを押してくれたのですが
時既に遅く、そのままぷしゅーっと閉まられた。

あ…っ、先生乗りそびれ…っ。




…何とも気まずい狭いエレベータの空間、
そんな中でそっと口を開いた先生。
「…一応ボタン押したのよ?」
いえ、私に理解を求められても!笑。

「エレベータの反応が悪かったんでしょうか?」
と苦笑気味に言ったら
先生はほっとした様子で
「後で先生に謝っておくわ…」
なんて言いつつも…
「私が乗せたくない!って
閉めるボタン押したなんて思わないわよね?」


どんだけ薄情な先生なんだよ!!
大丈夫ですよーと言っておきました。(笑)
乗せたくないからって目の前で閉めるとか
ちょっといじめだよ…!とか思いつつも
先生は途中で降りられたので
「失礼します」と一応ご挨拶!
そこで先生がサックリ一言。

「…きをつけてね?」


こわいいぃぃい!!!(爆笑)
エレベータに乗る時は気をつけようと思いました。
(どんなオチだよ)

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。