日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/02
2006 Thu
楽しいから負けられない。
どうも私は先生に顔を覚えられるタイプらしく…
今日、「日本語B」という
文章表現の授業を受けてたのですが
前回自己紹介をしろという課題を提出していたので
最初に返却。

みんながポツポツ引取りに行く間
そういや先週、コレの発表を完全拒否したよなぁ…
なんて苦い事を思い出しながら
先生から受け取ろうとすると…
「柊さん?」と名前を呼ばれる。

「あ、はい」なんて返事をすると
先生が「いいものだったから発表すればよかったのに」と
予想外のお言葉に目が点。

はっ?

…いやいやいや、と思って見返してみると
何故か、かなりいい評価がされていて
周りより明らかに先生の修正の文字が少ない。

その後、先生からこんな評価しましたーなんて
説明がされるものの
とりあえずいい評価だった!と
安心していた柊を抉る一言。

「ま、大した成績じゃないですから」(ケロッ)


先生ー!!!(私の糠喜びを返して!)


それより出席とかテスト頑張ってねーみたいな
軽いノリで説明を終えると
すぐにいつものように授業をされたんです、が。

今日は敬語表現についての授業だったんですね。
そしたら食べる、とか居る、とか
動詞は特殊な言い方がありますよねーなんて
軽く話していたのに、突然。

「さぁて、日文の人に聞いてみよう。
(名簿を見ている先生)
えーっと、B組の柊さん。」



…なんですか。(嫌な予感)
「死ぬの活用形は何?」

 うっわ 文法すっごい苦手ー!!!(だらだら)


必死で電子辞書を叩いていたら
先生が「辞書ないとねー、わかんないよねー」とすごく楽しげ。

あぁ、この先生…私で遊んでる!!(笑)
いや、いいんですけど! いいんですけどねっ
「ナ行変格活用!!」

負けないっ(笑)


そんな感じで先生には歯向かったら
もう一度当てられて今度は完敗でした。
くそっ、店を長い事やっているって
敬語で何て言うかって言われても…!!(答えらんなかった)

…そんな感じで
先生に負けずに頑張ってます。
この先生授業面白いんだ…!笑

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。