日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/26
2009 Sat
メインは色々ずれてます。
久し振りに母校の文化祭に行ってきました。
友達が先日教育実習に行っていたので
挨拶がてらで行くから、行かない?と
誘ってもらって、一緒にくっついていった(笑)
美術部でお世話になった講師の先生と
連絡が取れなくなったので…
顧問もいるだろうし、
ちょっと近況が聞けたらいいなぁと思ってね(笑)


が、その母校で新型インフルが
猛威を振るっていると聞いていたので
マスクを装備!
友達と「息苦しいけどしょうがないよね!」
「きっと皆も対策してるからしょうがないよ!」と
意気込んで乗り込んでみたら…

ほとんど、生徒がマスクしてなくてぽかーん。
皆普通に楽しんでてぽかーん…!笑。
インフルも猛威振るわ、これ!!(笑)



まぁ、楽しむのが一番だよね!と思いつつ
卒業生は名前を書いてくださいーと言われて
名前を書こうとして…
何気なく私の前に書いている人の名前を見ると
講師の先生の名前を大発見(爆笑)
そうだよなー、先生は教育実習で
最初に来てくれた時から
お世話になってるんだもんなぁ…!と思って
友達に「美術室へ! 美術室に行ってもいいですか!?」
と、めちゃくちゃ急かして
美術室に行ったら、いた…!!!


「Sちゃーんっ!!!」
と名前を呼んだら、
(すごくフレンドリーでちゃんづけしてた生徒←)
え?って顔をされたので
柊ですっ柊ですっ!と自己主張をしたら
すっごいびっくりした後に
「時間の流れって残酷…っ」と衝撃を受けてたので
「先生ー、もう私も
先生が実習に来てくれた時の年になりましたー^^」
なんて追い討ちかけておきました(爆笑)
「えぇ!? いくつになったの!?」と怒られて(笑)
先生の近況も聞いて、
この間連絡がつかなかったのは
先生が多忙でただスルーされてたー
ってことも後から判明(笑)

私達が作った(つか副部長とかに色々作らせた)ポスターも
未だ現役でびびったりしつつ(笑)
後輩もすっかり大きくなって
びっくりしました。
本当だ、時の流れは残酷だ…!笑。

またねー先生またねー!
と手をぶんぶん振った後は
今度は友達が教育実習に行ったクラスへ。



中学生を受け持ったそうで
みんながちっこくて
その子達が友達に
「せんせーっ!」って懐いてて
すごく微笑ましかったです(笑)
大体、その中学生達が
友達にはわーっと群がるのですが
私には「あれっ? …えと、あれっ?」
って反応をするので
すーっとフェードアウトするようにしました(笑)

私は生徒のままですが
友達はこの学校で
例え短くても先生という存在でいた、
というのがなんだか面白くもあり
もどかしくもありました。
その分、私はゆるーく図書館学をやってるので
別にどうというわけじゃないのですが
なんか先生っていうのも悪くないですよね
なんてぬるい発言をしたら
地獄の実習を乗り越えた人たちに
ぶっとばされそうですが(笑)


後はだらーっと学校を回って
先生に軽く挨拶をして
そういや、あの体育の先生にはやっぱり会えずじまいで
(あの人は毎年警備でうろうろしてるはず)
まぁ、しゃーないっすわってことで
その後は友達とご飯とお茶!



面白いもので、その友達とは
同じ高校と大学と進んでいて
共通の友達なんてたくさいんいるのに
(Nくんとか、Aさんとか…笑)
仲良くなれたのは大学からなので
彼女はどうしたらいいんだろう、と悩んでたらしい。
…私?
なんとかなるかな、ってあんまり(オイ)
積もる話は意外と山ほどあったらしい(笑)

ずーっと共通の友人の話やら
なんやらでだらだらしゃべってたのですが
ともに女子校だったはずなのに
「私、好きになった子にすごく合わせるんだよね」
「あーなんかそれはよく分かるわ…」とか
「なんか向こうはすごくライバルぽいかんじなんだけど
いや、でも私は彼女に勝つつもりはないんだよ」とか
どこの恋愛話?みたいな感じのトークを炸裂させ
男友達じゃねーんだから…と失笑しながらも
がっつり語れて楽しかったです(笑)
ちなみに内容に関しては
当たり前ですが恋愛の要素は皆無でした(コラ)


テンションも程よかったので
帰り道は久し振りに図書館へ。
友達に薦めてもらった本を手にとって
うきうきで帰宅したのでした!笑。

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。