日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/14
2008 Sun
なんとなく好きな背中と目線。
相変わらずスカスカ空いていてすみません。
やっぱりもうちょっと気持ちが落ち着くまで
こんな感じになりそうです(苦笑)
特別忙しくはないです、
大丈夫です、毎日へらへら笑って元気です。


今日はお墓参りに行って来ました。
今年は周忌的なもので冬も行くことに。
たぶん、おじいちゃんの為だと思うのですが
私が生まれる前に亡くなってしまったので
実際に会った事はないのです。
だけど、父や叔母さんがよくお話してくれるので
なんとなくどんな人か分かる、
優しい人なんだろうな、と良く分かる。


今回大変だったんですよ。
親戚と駅で集合してこれから電車に乗る出発前に
母のブーツが壊れましてね!!(笑)
つま先のほうから靴の裏の部分が
べろーん!と剥がれてしまった。
もう靴がぱっかんぱっかんって口が出来たようで
母が歩けなくなった…

ら、父がすごくかっこよかった。
もう靴を履いて歩けないと判断したら
その場で母にブーツを脱がせ
母の腕を自分が支え、座れる場所まで連れて行き…
なんと、ボンドをお店の方に借りて
自分の手が汚れるのもお構いなしに
母の靴の底を直そうとしてた。
結局座れる場所なんて
人気のない階段だったんだけど
そこに母を座らせて
自分は座らずに母の目の前で屈んで
必死にブーツを直してた。
手が汚れるのなんてお構いなしだった。
本当に一生懸命直そうとしてた。


父の背中と
すごく申し訳なさそうに
父の手を見ていてる母の目線が、
子どもとしてなんかよく分かんないんだけど
すごく嬉しくてにやにやしてしまいました(笑)
でも父はやっぱり少し頑固で怒ると怖いので
結婚はいいや、と思います。(どっちよ、笑)

そんな壊れてしまったブーツはすぐには履けず
母はその間靴の代わりに
ビニール袋を縛って履いておりました(大笑)
なんつー悲惨な光景だと
笑っていたら母が笑顔で一言。


「写真撮っていいよ! この事、学校で話してきていいよ!」

母はネタに命をかける人間だ、
と思わされた私なのでした。(爆笑)

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。