日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/04
2008 Fri
一番の短冊でお願いを。
今、うちの大学には七夕の笹が
正門の所に飾ってありましてね(笑)
生徒達に願い事を書いてくださいーって
短冊が用意してあるんですよ。

面白いですよー。
2代目乾に会いたい!
ってボールペンがあるのに
敢えてそこで太字の油性ペンで
堂々と書いてあったりとかさ(爆笑)


でも短冊ってすぐに売れちゃうらしくて
常に何も書いていない短冊がない状況。
友達が書きたかったなーとか言ってて
あー残念だねーみたいな話をしていたら
それを…警備員のおじさんが聞いていた(笑)
(うちは常に警備員さんが出入り口にスタンバっていてくれている、笑)
(なのでたまに、すごーくおろおろした様子で
門の前で誰かの彼氏さんが彼女を待つというのが見れる/大笑)


警備員さんが
「短冊なくなっちゃった?」って聞いてくれて。
いつも人気ですよねー書きたかったですーなんて
軽く返していたら、警備員さんが自分の胸ポケットを探り出した。
「じゃあ、これ使いなよ」

そう言いながら、色紙には程遠い
わら半紙のメモ用紙のページを
全っ部くれた(ざっと10枚はあった)

…え、あ…ええ!?;; い、いいんですか!?
とおろおろしても、警備員さんは笑顔でいいよーいいよーと(笑)
結局お言葉に甘えて、わら半紙にお願い事を。


そういや、願い事って3年以内に叶うんだよねー
とかあれこれ授業でのミニ知識で盛り上がりながら
結局「幸せになれますように」なんて
ありきたりなお願いを書いてしまったのでした(笑)
警備員さんありがとうございました…!

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。