日々の記録を載せてます。 ミーハー上等!(笑)色んな話題を出しちゃ1人で勝手にときめく日々。 コメントもお気軽にどうぞvv
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/06
2008 Fri
想定外は近くにあって。
今日は朝から授業なのですが
少しゆっくり出来るので
勉強を教えた後に、一度軽く寝なおすのです。
が、やっぱりついつい爆睡してしまうので
母が寝坊してしまわないか心配してくれていた。

一度、「そろそろ起きた方がいいよ?」と
言われたので、もぞもぞ頑張って起きました…!
抱き枕を未練と言わんばかりに
掛け布団の中にしまいこんで(どんだけ自宅の布団好きなんだ)

そして今日の授業とか
今後の予定とかぼけーっと考えていたら
母がまた部屋の方に来てくれた。
布団の中をそっと覗きこんで
あの人は言った。

「タスクー? もう起きなー?」
勘違いをして抱き枕を起こそうとする母。

母よ!
娘はココに起きて化粧をしております…!
いやーびっくりした、ホントに変なお笑い見ているようだった(笑)
ちょうど部屋に入ってきた母には
私がいた位置が死角だったようで
抱き枕の分、膨らんだかけ布団を見て
まだ私が布団の中にいるように思ったらしい。




あーあと、今日も学校で言われた事なんですが…
私、今通っている大学は
出身高校の付属校なんですね。
さらに中学も付属であるんですが
私はその系列校に高校から入学したんです。
ありがたいことに高校時代から出身校関係なしに
今も色んな子と仲良くさせてもらってるのですが…。

今日、出身高校が一緒だったのに
仲良くなるタイミングがなくて、
大学に入ってから仲良くなった友達と
互いの共通のお友達の話をしながら
高校楽しかったよねー!っていう話をしてたんです。


そして高校の話から
更に思い出話は中学の話に。
高校の時の話のように
話をしていた彼女は
実は付属校の中学からの出身。
高校の時の話は
共通の話題があるから
「そうそう! それでさー!」と
新たな話題をふっかけたり出来るけど
中学の時の話は
なんとなーくイメージは出来るものの
やっぱりそれは、
想像したものでしかないので
私は聞き手に回って「そうなんだー」と
無意識に相槌に徹する。

そうしたら、さすがに向こうも
「あれ?」って顔をした(笑)
なので正直に「あ、私は中学が外部なんだー」
と説明する、と…

「えっ!? 中学一緒じゃなかったっけ!?」
えええ、そんなに私溶け込んでました!!?(爆笑)
うーん、やっぱり私はあの高校の時間に
とけこみすぎたらしい、幸せな奴だな…笑。
これで何度目だ、私…!
高校在学中に何回、付属中学出身組に
「え、中学一緒でしょ!?」って言われたよ(笑)
いやいや、違いますよ…!
ものすごい生徒が荒れてるのに
先生がフリーダム過ぎる
動物園のような中学時代をすごしてましたよ!笑。


あーでも、高校入学して一年は
「付属中学出身組の人は先輩のようだ…
みんなみんな頭がいいんだ…!
絶対に仲良くなんてなれない…っ(がくがくぶるぶる)」
ってずーーっと思ってました(笑)
でも出身中学が付属だろうが
他の中学だろうが関係なしに
大事な友達がたくさん出来てよかったなぁーと
今でも本当によく思います。
…人生って先入観と想像とは違って
何が起きるか分からないなぁ。

で。
その友達と話して行き着いた結論。
「ある程度濃いキャラに会っても
あの学校にいると大して動じなくなるよね。」
…これってどうなの(爆笑)

Comment

管理人にのみ表示

やばい。
抱き枕事件のタスク家の映像が驚くほど目に浮かんで爆笑!
特にタスク母の台詞が、聞いたわけでもないのに声が脳内で再現されてる(笑

あ、携帯買い換えたのでまたメールするね(^^*
ではでは・・・久々のコメントでした☆
幼馴染 | URL | 2008/06/07/Sat 22:17 [EDIT]
何も変わらない我が家でごめん…!(爆笑)
まぁ、なんだ…
その横でどうしたらいいんだろうと
呆然としていた私を
思い浮かべてたら完璧ですよ!


携帯の件、了解しました!
メール待ってますよー!
あのケータイが帰ってきたブログは
不謹慎ながら笑ってしまったよ…。
もうちょっと何よ、
お顔がそっぽ向いていらっしゃるってなんですか!(笑)
っつか今回は災難だったね;;
落とさないように気をつけるんだよー!
ひいらぎ。 | URL | 2008/06/07/Sat 22:28 [EDIT]

copylight © 柊のヒトコマ。. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。